fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! ★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 日向国分寺跡 西都市三宅

宮崎県西都市の日向国分寺跡にある、木喰五智館にやって来ました。
建物の中に、「五智如来座像(ごちにょらいざぞう)」がいらっしゃいます。

県指定美術工芸品:木造五智如来坐像5躰
指定年月日:平成8年11月1日

「五智如来座像」
 日向国分寺再興のため、三宅村に滞在した木喰上人は、楠の大木を用材として五智如来像を刻みました。 
 この5体の如来座像は、中央に本尊の大日如来、向かってその右側に阿弥陀如来、釈迦如来、一方左側には、薬師如来、宝生如来と並んでいます。 
 宝生如来座像の背面には「クハン世イ四(寛政四)子ノ八月十五日、作、木喰」の刻印が残されています。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 日向国分寺跡 西都市三宅

釈迦如来(しゃかにょらい)
 歴史的に実在した仏陀で、仏教の開祖である釈迦の如来(悟りを開いた者)としての名です。
 釈迦牟尼仏、釈迦牟尼如来、釈迦牟尼世尊に同じです。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 釈迦如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 釈迦如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅

阿弥陀如来(あみだにょらい)
 大乗仏教における信仰対象である如来(悟りを開いた者)の一尊(一番えらい)です。
 浄土教系の仏教では、「南無阿弥陀仏」という称名念仏により浄土に往生できるという阿弥陀信仰を説きます。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 阿弥陀如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 阿弥陀如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅

大日如来(だいにちにょらい)
 大乗仏教における信仰対象である如来(悟りを開いた者)の一尊(一番えらい)です。
 真言密教の教主たる仏で、密教の本尊です。
 日本密教においては一切の諸仏菩薩の本地とされます。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 大日如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 大日如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅

薬師如来(やくしにょらい)
 大乗仏教における信仰対象である如来(悟りを開いた者)の一尊(一番えらい)です。
 大医王、医王善逝(いおうぜんぜい)とも称します。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 薬師如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 薬師如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅

宝生如来(ほうしょうにょらい)
 大乗仏教における信仰対象である如来(悟りを開いた者)の一尊(一番えらい)です。
 日本における宝生如来の彫像は、五仏(五智如来)の一として造像されたものが大部分であり、宝生如来単独の造像や信仰はまれです。

宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 宝生如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅
hiroの部屋2 宮崎の仏像 木喰五智館の五智如来像 宝生如来坐像 日向国分寺跡 西都市三宅


木喰上人(もくじきしょうにん)
 木喰上人は、享保3年(1718)に甲斐国(山梨県)西八代郡丸畑村に生まれました。 
 21歳の時相模国(神奈川県)大山不動尊へ参詣し、そこで真言宗の高僧から教えを受け仏門に入りました。 
 44歳の時に、常陸国(茨城県)羅漢寺の住職木食観海上人から「木喰戒」を受け修行に励みましたが、安永2年(1773)55歳の時日本廻国の大願を発し、大山山麓の田中村を出発し、遊行僧として全国行脚の途につきました。 
 それから92歳までの間、一千体彫仏を発願、日本廻国途中の天明8年(1788)4月、四国から豊後を経て三宅村の「日向国分寺」に到達しました。 
 上人は地元住民に求められて国分寺住職になり、寛政9年(1797)4月までの9年間、三宅村に滞在しました。
 その間、国分寺が火災にあったためその再建に取り組み、木喰彫像中最大作と言われる「五智如来座像」5体を完成させました。
 なおこのほか西都市内には、妻恵比須宮のご神体となっている恵比須像など数点の彫像が残されています。
 平成8年3月  西都市教育委員会



日向国分寺跡(ひゅうがこくぶんじあと)
 宮崎県西都市にある古代から近世の寺院跡です。
 明治4年(1871年)に廃寺となっています。
 廃寺当時の宗派は真言宗、山号は五智山、本尊は五智如来。現在は国の史跡に平成23年9月21日に指定されています。
 奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、日向国国分寺の寺院跡です。
 日向国分寺の建立時期については、記録が残ってなく明らかではありませんが、「続日本紀」の天平勝宝8年(756年)12月20日条に、日向を含む26か国が記載されていることから、国分寺・国分尼寺建立の詔が発せられた741年から756年までの間に建立されたと考えられています。



↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社・仏閣 (113)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┣ 宮崎の寺 (2)
 ┣ 宮崎の城 (1)
 ┣ 仏像 (3)
 ┣ 仏舎利塔 宮崎市 (3)
 ┗ 石仏・石塔 (17)

★hiroの部屋2★■神社・寺


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/11/27(月) 15:29:03|
  2. 仏像|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の巨樹 宮崎市指定天然記念物 生目神社のオガタマノキ 生目神社境内 宮崎市生目 | ホーム | 宮崎の石像 木喰五智館の仁王像 日向国分寺跡 西都市三宅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |