fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! ★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社の歴史 高原町蒲牟田 

高原町にある狭野神社です。

 古来霧島山高千穂峯えお中心とした山麓には、その昔霧島六社権現と云う多くの神社仏寺が創建されましたが、狭野神社もその中の一社に数えられ、これは創建は古く第5第孝昭天皇(前475年~前393年)の御代、今よりおよそ2500年前と伝えています(社伝)。

霧島六社権現(きりしまろくしゃごんげん)
 宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島山の周辺にある以下の6つの神社の総称です。
 霧島六所権現(きりしまろくしょごんげん)とも言います。
 ・霧島岑神社(霧島山中央六所権現。別当・瀬多尾寺)
 ・狭野神社(狭野大権現。別当・神徳院)
 ・東霧島神社(東霧島権現。別当・勅詔院)
 ・霧島東神社(霧島東御在所権現。別当・錫杖院)
 ・霧島神宮(西御在所霧島権現。別当・華林寺)


御代(みよ)
 天皇の治世。また、その在位期間。


狭野神社
主祭神:神武天皇御幼名狭野尊(じんむてんのうごえうみやうさののみこと)(高原町王子原で御生誕)
相殿神 吾平津姫命(あびらつひめのみこと)
      天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)
      木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
      彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
      豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
      彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎささたけうがやふきあへずのみこと)
      玉依姫命(たまよりひめのみこと)

 社伝によれば狭野神社の創建は非常に古く、第5代孝昭天皇(前475年~前393年)の御代に、神武天皇御生誕の霊跡(れいせき)として御創建されたと伝えられています。

霊跡(れいせき)
 神仏に関する神聖な事跡のあった地。


 第62代村上天皇の御代、天暦年間(947年~957年)に僧性空上人が霧島山に庵を結び高千穂峯を中心として六社並びに梵刹(ぼんさつ)を建て、霧島山背門丘(せだお)に即ち霧島中央大権現を祭り各所に霧島六社権現なるものを創始しましたが、その中に狭野大権現も含まれ、後の神徳院は即ち狭野神社の別当寺でした。

梵刹(ぼんさつ)
 仏寺。てら。


宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 山上背門丘に在った中央大権現は別当寺を瀬多尾寺と称し、仁徳天皇承和4年(785年)に官社に預り、延喜式に「諸県郡一座小霧島神社」と所載せられた神社と思惟せられ、「当霧島狭野神社が即ちこの式内神社であると思われる。」狭野神社も古くは霧島狭野神社と稱したと古記録に記載されています。

別当寺(べっとうじ)
 専ら神仏習合が行われていた江戸時代以前に、神社を管理するために置かれた寺のことです。
 神前読経など神社の祭祀を仏式で行い、その主催者を別当(社僧の長のこと)と呼んだことから、別当の居る寺を別当寺と称しました。


延喜式(えんぎしき)
 平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)で、三代格式の一つであり、律令の施行細則をまとめた法典です。


式内社(しきないしゃ)
 延喜式神名帳に記載された神社。


 北諸県郡西嶽村に鎮座まします千足神社に宝蔵する所謂延喜式の御神像はかって狭野神社に存したものと伝えられ、狭野神社が古来尊崇の篤い神社であったことが知られます。

千足神社(せんだらしじんじゃ)
 都城市美川町6761番地
 鎌倉期から江戸期の神像三十余体を有しており、その中で男神像三体と女神像一体は県文化財に指定されています。
 いづれも樟材の一木造りで、全く内剃りを施さず両眼は彫り出しです。
 文化財:男神像三体・女神像一体 県文化財 昭和34年7月10日指定


 狭野神社は霧島山ろくにあるお社であるため、住古よりたびたび噴火の被害を被っています。
 その主な噴火は次の如く伝えています。

宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 第50代桓武天皇の延暦7年(788年)3月、霧島山は火を噴き黒煙天を覆い砂石を降らせて、山麓5~6里にわたって灰砂の堆積すること2~3尺に及び、狭野神社の社殿は焼亡の厄に遭われました。
 その後数回の噴火があり殊に第87代四条天皇の文暦元年(1234年)12月28日には、霧島山は鳴動し焔石を飛ばし熱砂を降らし、社殿寺宇悉(ことごと)く焼亡したので、御神體(ごしんたい)を今の北諸県郡高崎町東霧島神社(つまきりしまじんしゃ)に奉遷(ほうせん)しました。
 ここに鎮座される事凡(およ)そ300年に及び、第105代後奈良天皇の天文12年(1543年)に至り、噴火も漸(ようや)く終熄(しゅうそく)し平静に帰したので、藩主島津貴久(しまづ たかひさ)公は高原町西麓鎮守神社に仮宮を営んで遷座(せんざ)しましたが、慶長15年(1610年)に至り再び狭野の旧蹟に御遷し奉りました。

鎮守神社(ちんじゅじんじゃ)
 西諸県郡高原町大字西麓1041番地2
 鎌倉室町時代の南北抗争の時代には、すでに鎮座されたものと考えられます。


 寛永12年(1635年)2月29日又山火のために寺院焼失し、歴代の重宝旧記(きゅうき)は悉(ことごと)く灰燼(かいじん)に帰しました。

旧記(きゅうき)
 昔の事柄を記録した文書。古い記録。古い時代のことを書いた文書。


灰燼(かいじん)
 建物などが燃えて跡形もないこと。


 更に享保元年(1716年)9月26日又もや霧島山に大爆発があり、社殿は無事でしたが別当寺は焼亡しました。

宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 享保3年(1718年)1月3日再び猛烈な噴火が起り、社頭、門前花堂、高松の諸部落は悉く焼失したので、狭野神社の神人僧侶は御神輿(おみこし)を守護し奉って現在の小林市細野に在る霧島岑神社(きりしまみねじんじゃ)の別当寺であったと伝える宝光院(神徳院の末寺)に遷座し奉りました。

社頭(しゃとう)
 社殿の付近。社殿の前。また、社殿。


 享保5年(1720年)狭野の地に仮殿、仮寺の御造営を畢(おわ)り、享保6年(1721年)2月5日小林より現在地に還御(かんぎょ)し奉(たてまつ)りました。
 その後久しく平穏だった霧島山も明治30年(1897年)前後たびたび噴火しましたが、大正3年(1914年)正月には鹿児島県桜島の大噴火と前後して噴火し、昭和34年(1959年)2月17日には新燃岳突如として大噴火しましたが、神社その他には被害はありませんでした。

宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 平成23年(2011年)1月26日午后新燃岳大噴火発生、同1月30日深夜再び大爆発発生、狭野地区を始め花堂、中平の513戸1,158名緊急避難勧告発令、町立公集会所へ避難となりました。
 2月2日狭野神社御祭神は霧島岑神社へ避難しました。
 親指大の噴石又降灰により狭野神社を始め降灰6~7cmあまり、又都城、日南方面まで被害が大きくなりました。
 狭野神社の御祭神は当年10月19日狭野神社へ正遷座されました。

 平成30年(2018年)3月6日、7年ぶりに新燃岳は爆発的噴火をしました。
 3月9日になって火口北西隅から溶岩が流出し始め、10日には噴煙高度4,500mに達するような活動がありました。

新燃岳噴火 道の駅霧島 霧島市霧島 2018/3/10 13:33
hiroの部屋2 新燃岳噴火 道の駅霧島 霧島市霧島 2018/3/10 13:33

 明治維新の神仏分離に際して神徳院も廃止、明治32年(1899年)宮崎宮(現在の宮崎神宮)に於いて神武天皇御降誕大祭会が組織せられ、4月大祭の斎行せらるるや狭野神社に於ても厳そかなる祭典が斎行されました。

神仏分離(しんぶつぶんり)
 神仏習合の慣習を禁止し、神道と仏教、神と仏、神社と寺院とをはっきり区別させること。


宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 また、此の大祭会に於いて宮崎神宮殿が狭野杉をもって改築されることとなり、その旧社殿は狭野神社に寄進され、明治39年(1906年)4月13日より社殿の移転に着手し、明治40年(1907年)5月18日に竣工しました。

宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 
hiroの部屋2 宮崎の神社 神武天皇(狭野尊) 狭野神社 高原町蒲牟田 

 かねて狭野神社氏子が永年要望していた官幣社への昇格の件願書のところ、大正4年(1915年)6月1日付を以て官幣大社宮崎神宮別宮に指定されました。

官幣社(かんぺいしゃ)
 古代の神社制度で、神祇官(じんぎかん)より幣帛(へいはく)を供え、祀(まつ)った神社のことです。
 また明治の制では祈年(きねん)祭・新嘗(にいなめ)祭・例祭に皇室から幣帛(へいはく)を供えた神社のことです。
 国幣社とともに官国幣社(かんこくへいしゃ)といわれ、俗に官社ともいわています。


幣帛(へいはく)
 神道の祭祀において神に奉献する、神饌以外のものの総称です。
 広義には神饌をも含みます。みてぐら、幣物(へいもつ)とも言います。


神饌(しんせん)
 日本の神社や神棚に供える供物のことです。御饌(みけ)あるいは御贄(みにえ)とも呼ばれます。


 そして昭和27年(1952年)7月31日には宮崎神宮より分立し、以降単独の狭野神社として発足しました。
 更に昭和51年(1976年)7月1日には、かねて待望の別表神社列格(旧官幣社)の承認を受け奉告祭を斎行しました。
 なお別表神社列格の記念事業として外拝殿の建設を行い、昭和52年(1977年)3月20日竣工し、盛大な竣工奉告祭を執り行いました。

別表神社(べっぴょうじんじゃ)
 神社本庁が定めた、神社本庁が包括している一部の神社のことです。
 昭和21年(1946年)2月2日の神社の国家管理の廃止に伴い、公的な社格の制度(近代社格制度)が廃止されたため、それに代わるものとして昭和23年(1948年)に定められました。
 別表神社は社格のような神社の格付けではなく、あくまでも神職の人事のみにかかわる区別です。
 しかし、別表に掲げられている神社は社殿、境内、神職の数などの面で比較的大きな規模の神社であり、一般には一種の格付けとして捉えられています。


宮崎県の別表神社
・宮崎神宮
・鵜戸神宮
・都農神社
・神柱宮
・狭野神社
・青島神社
・高千穂神社
・天岩戸神社
・宮崎県護国神社



↓link リンク
★hiroの部屋★宮崎の神社
★hiroの部屋2★宮崎の神社


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2023/11/26(日) 08:18:51|
  2. 宮崎の神社|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の巨樹 狭野神社の狭野杉 高原町蒲牟田 | ホーム | 宮崎の神社 水神社 高原町狭野神社境内

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |