fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! 写真大好き・車バイクを快適に!

宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田

宮崎県児湯郡高鍋町持田の国道10号線沿いにある「宮崎県農業科学公園 ルピナスパーク」にやって来ました。
ルピナスパークは「農業とおいしく、たのしく、おもしろく出会える」ことをテーマにした公園です。
いこいのゾーンにヒメハラナガツチバチがいます。

雌のヒメハラナガツチバチですね。

宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田
hiroの部屋2 宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田


宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田
hiroの部屋2 宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田


宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田
hiroの部屋2 宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのヒメハラナガツチバチ 児湯郡高鍋町持田


ヒメハラナガツチバチ(学名:Campsomeris annulata)
 ツチバチ科の仲間です。
 体色は黒色で、胸背は周囲を除きほぼ無毛です。
 雌雄で斑紋が異なり、雌は翅(はね)の先端付近は濃色、胸部背面は無紋、腹部も各背板後縁に黄白色の毛を生やすのみで無紋です。
 雄は翅はほぼ無紋で、胸部背面に黄色紋があり、腹部各背板後縁沿いに黄色の横帯があります。
 雌は越冬するため、3月下旬から見られますが、雄は6月下旬から出現します。
 餌は花の蜜ですが、雌は土の中のコガネムシ類の幼虫に産卵し、幼虫はそれを食べて育ちます。
 花によく集まり、普通に見られる。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2024/04/19(金) 13:30:35|
  2. ハチ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのイモカタバミとミツバチ 児湯郡高鍋町持田 | ホーム | 宮崎の蜂 宮崎県農業科学公園ルピナスパークのキアシナガバチ 児湯郡高鍋町持田

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |