fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! ★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川

宮崎県西米良村小川にある令和の桃源郷「おがわ作小屋村」を目指し、県道219号線から県道316号線(民話街道)へ入ります。
県道316号線は道路工事を数カ所でやっていました。
時間規制をやっていて、15分待った所もありました。
「おがわ作小屋村」に到着です。
駐車場には車が2台停まっています。
「おがわ作小屋村前」と書かれた西米良村営バス停があります。

宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川

まだ紅葉していない所もありますね。

宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川


宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川

柿が沢山生っています。

宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川


宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川


宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎の紅葉 小川作小屋と城址公園の紅葉 宮崎県西米良村小川

赤トンボがいます。
アキアカネかな?

アキアカネ(秋茜、学名:Sympetrum frequens (Selys, 1883))
 トンボ科アカネ属に分類されるトンボの一種です。
 日本では普通に見られます。
 俗に赤とんぼと呼ばれ、狭義にはこの種だけを赤とんぼと呼ぶことがあります。


宮崎のトンボ 小川作小屋と城址公園のトンボ 宮崎県西米良村小川
hiroの部屋2 宮崎のトンボ 小川作小屋と城址公園のトンボ 宮崎県西米良村小川

この後、空が暗くなり風が吹き始め、先ほどまで晴れていたのに雨が降って来ました。
風が冷たい!


「おがわ作小屋村」には、
・お食事処
・桃源郷の宿
・小川民俗資料館
・民話館
があります。


紅葉
 紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)は、主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のことです。ただし、単に赤変することを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もあります。
 一般に落葉樹のものが有名であり、秋に一斉に紅葉する様は観光の対象ともされています。
 カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多いですが、実際に紅葉が鮮やかな木の代表種です。
 また、秋になると草や低木の葉も紅葉し、それらを総称して「草紅葉(くさもみじ)」ということがあります。
 狭義には、赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼びますが、これらを厳密に区別するのが困難な場合も多く、いずれも「紅葉」として扱われることが多い。
 また、同じ種類の木でも、生育条件や個体差によって、赤くなったり黄色くなったりすることがあります。
 葉が何のために色づくのかについては、植物学的には葉の老化反応の一部と考えられています。
 日本における紅葉は、9月頃から北海道の大雪山を手始めに始まり、徐々に南下します。
 紅葉の見頃の推移を桜前線と対比して「紅葉前線」と呼びます。
 紅葉が始まってから完了するまでは約1か月かかります。
 見頃は開始後20~25日程度で、時期は北海道と東北地方が10月、関東から九州では11月から12月初め頃までです。
 ただし、山間部や内陸では朝晩の冷え込みが起こりやすいために、通常これより早くなります。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2023/11/17(金) 11:13:15|
  2. 宮崎の紅葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

生誕100年 山下清展 百年の大回想 宮崎県立美術館 宮崎市船塚 | ホーム | 宮崎の紅葉 飫肥街道酒谷のいちょう 日南市酒谷甲

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |