fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! 写真大好き・車バイクを快適に!

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

母智丘神社の鳥居があります。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

長い階段ですが、見えている所に本段があると思っていたのですが・・・
上って行ったら、左に角度を変えてまた長い階段が・・・
その先でも、左に角度を変えて階段が・・・
階段は、288段あるそうです。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

ようやく到着です。
手前に駐車場があります。
そうなんです。車で上って来れるのです。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

拝殿です。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

本殿です。

 明治3年(1870年)10月、ときの上荘内郷地頭三島通庸(みしまみちつね)は、神道振興策として、それまで持尾稲荷と称して小さな祠(ほこら)のあったこの丘を、領民を総動員して三島流の突貫工事で大々的に改修し、日ならずして遷宮祭(せんぐうさい)が行われ、母智丘神社と命名して郷社とした(のちに県社となる)。
 上荘内郷役館の碑より

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

巨石群について
 この丘の上一帯に散在する巨石群は、火山の噴出による赤ボラで地中に埋まっていたものを、明治3年の母智丘神社再興工事の時に発掘されたもので、古く石器時代にはこれらの巨石が丘の上に群立していたものと考えられています。
 この付近から数多くの土器や石器が発見されているところから、この一帯は石器時代においては石材の採取場であったと想像されますが、同時にこの付近に見られる巨石群は信仰の対象となっていたものと考えられ、いずれも神石として人々のいろいろな願いごとがかなえられたと言い伝えられています。

陽石
 周囲17.3m余り、高さ3.3m余り
 陰石と同時に発掘された神石で、陰石と同様安産と縁結びの神石とされています。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

割裂神石
 高さ1.2m、幅2.4mで、割裂いた様になっているので割石とも称し、その割れた一部は東霧島神社にある割裂神石であると言われています。
 タカオカノカミを祀った神石で、昔からこの付近を堀荒らすと大雨が降ると言い伝えられています。

宮崎の神社 東霧島神社

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

上荘内郷役館の碑
 明治3年(1870年)10月、ときの上荘内郷地頭三島通庸(みしまみちつね)は、神道振興策として、それまで持尾稲荷と称して小さな祠(ほこら)のあったこの丘を、領民を総動員して三島流の突貫工事で大々的に改修し、日ならずして遷宮祭(せんぐうさい)が行われ、母智丘神社と命名して郷社とした(のちに県社となる)。
 三島の命令で大きな神社再興碑が建てられたが、なぜか地頭以下43名の郷役職氏名のみの、未完の碑となっている。
 これは、まもなく明治4年(1871年)の廃藩置県により碑文完成に至らなかったからであると思われる。
 神社復興記念碑となるべきものが、郷役職員録に近い碑となったが、藩政終末期わずか2カ年間の地頭館の職制や職員名などが、この碑によって確認できる。
 明治初めの郷組織が理解できる資料である。
(出典 都城市史 別編 民俗文化財)

右側に、地頭三島通庸とあります。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

陰石
 周囲19.3m、高さ1.7m余りで、陰門は長さ1.2m、深さ0.5mあり古くから安産縁結びの神石とされ、祈願水を陰門にかけると願いごとがかなうと言い伝えられています。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

稲荷神社
 一、商売繁昌祈願
 二、豊作祈願
 三、家畜守護
 四、天候祈願
 五、無病息災願望

石峯稲荷大明神
 稲荷大石は大昔より存在の石であり、左右に出入口の穴があります。
 穴の大奥は八畳敷と六条敷位の洞穴になったおり、昔は白狐の巣であり、白狐(びやっこ)は昔より奇(ふしぎ)な霊族を垂れたまい崇敬者の先導啓行(みちあんない)として、いろいろと教へ導き諸行繁盛神功(いさお)たてまふ。
 お神(やしろ)を改造し白狐を御霊(みたま)として奉(たてまつ)る。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

展望台

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

展望台からの眺め

都城盆地は、むかしむかし湖だった
 今から、約200万年前に、都城盆地の基盤岩である四万十層群上部の地層が大きく陥没し、周囲から流れ込む河川水がたまり「古都城湖」が誕生しました。
 その後、約3万年前に、姶良カルデラの破局的大噴火により発生した大火砕流が南九州全域を埋め尽くし「古都城湖」が消滅しました。
 厚く堆積した火砕流は、下層は溶結疑灰岩に、上層は未固結の火砕流(シラス)になり、その上に火山灰が降り積もりました。
 その後、周囲から流れ込む河川水によって、再び湖ができました。「都城湖」の再出現です。
 その後、長い年月をかけて周囲から流れ込む河川水・土砂類・火山灰等が堆積して、再び「都城湖」が消滅しました。
 湖の底のほぼ平坦な地形が蓑原台地や月野原台地です。
 二つの台地の間を流れる横市川は、谷を作り、谷を広げ、横市地区の平野を作りました。
 また、横市川に沿った川岸の露頭には、かって都城盆地が湖であったことを示す証拠がたくさんあります。
横市地区まちづくり協議会

四万十層群(しまんとそうぐん)
 房総半島から関東山地、赤石山脈、紀伊山地、四国山地南部、九州山地南部を経て沖縄本島までの長さ1,800kmにわたって帯状に分布する層群です。

姶良カルデラ(あいらカルデラ)
 鹿児島湾北部(湾奥)において直径約20kmの窪地を構成しているカルデラです。
 南九州のカルデラ群の一つで、加久藤カルデラと阿多カルデラの間に位置します。
 現在のカルデラを形成した姶良火砕噴火は、約3万年前と推定されています。桜島火山のマグマ供給源とされています。

横市川(よこいちがわ)
 宮崎県都城市・鹿児島県曽於市・霧島市を流れる大淀川水系の一級河川です。

露頭(ろとう)
 堆積の様子を示す場所のこと。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町

ツツジが咲き始めています。

宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町
hiroの部屋2 宮崎の神社 母智丘(もちお)神社 都城市横市町


帰りも重いカメラバックを担ぎ、288段の階段を無言で下りて行くのでした・・・
膝がガクガクです。下りもキツイですね。
筋肉痛になるのは、明日?いやいや明後日以降でしょう。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2024/03/29(金) 13:16:24|
  2. 宮崎県の神社|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎のラーメン ラーメンいってつのチャーシューメン 都城市都北町 | ホーム | 宮崎の花 母智丘(もちお)公園のサクラ 都城市横市町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |