fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! ★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪

西都市岩爪にある、日陽山聖歓喜院黒貫寺(くろぬきじ)です。
黒貫寺の山門、参拝殿の彫り物、本殿素晴らしいですね。
全部は撮影していませんが、鐘撞き堂等を撮影したので紹介します。

参拝殿左の石像です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪

水子子育地蔵尊です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪

鐘楼です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪

もう少し早く来ていれば、鐘楼に映える綺麗な紅葉が見れましたね。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪

山門横の南無聖観世音菩薩です。
真言 オンアロリキャソワカ

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 西都市岩爪


黒貫寺由来
 景行天皇と日本武尊が熊襲征伐のとき6年間ここにとどまったという旧跡で、天慶9年(946年)隆元和尚が開創したといわれる
 今から700年ほど前後宇多上皇の時は御願寺、花園院の時は勅願寺となり、歴代皇族の加護を受けて、伊東氏が都於郡を治めていた時代には日向国第一の寺院として栄えた。


御願寺(ごがんじ)
 天皇や皇后、上皇等によって建立された寺院や、申請によって天皇御願寺となった寺院。

勅願寺(ちょくがんじ)
 時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことで、寺格の一つです。

 伊東氏の没落後も慶長8年(1603年)に入封した佐土原藩島津家の加護を受け、江戸時代には365石の寺領を有して、寺内に本堂経蔵宝物倉書院茶宴殿などの諸堂が建ち並び時運は隆盛した。
 しかし、明治7年(1874年)の火災により山門を残して堂宇すべてが焼失してしまい、明治9年(1876年)末寺である久峰寺から大悲殿を移築して本殿としている。



↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社・仏閣 (113)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┣ 宮崎の寺 (2)
 ┣ 宮崎の城 (1)
 ┣ 仏像 (3)
 ┣ 仏舎利塔 宮崎市 (3)
 ┗ 石仏・石塔 (17)

★hiroの部屋2★■神社・寺


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/12/13(水) 10:24:05|
  2. 宮崎の寺|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

西都市岩爪にある日陽山聖歓喜院黒貫寺(くろぬきじ)の本殿です。

黒貫寺由来を見ると、

黒貫寺由来
 景行天皇と日本武尊が熊襲征伐のとき6年間ここにとどまったという旧跡で、天慶9年(946年)隆元和尚が開創したといわれる
 今から700年ほど前後宇多上皇の時は御願寺、花園院の時は勅願寺となり、歴代皇族の加護を受けて、伊東氏が都於郡を治めていた時代には日向国第一の寺院として栄えた。


御願寺(ごがんじ)
 天皇や皇后、上皇等によって建立された寺院や、申請によって天皇御願寺となった寺院

勅願寺(ちょくがんじ)
 時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことで、寺格の一つです。

 伊東氏の没落後も慶長8年(1603年)に入封した佐土原藩島津家の加護を受け、江戸時代には365石の寺領を有して、寺内に本堂経蔵宝物倉書院茶宴殿などの諸堂が建ち並び時運は隆盛した。
 しかし、
明治7年(1874年)の火災により山門を残して堂宇すべてが焼失してしまい、明治9年(1876年)末寺である久峰寺から大悲殿を移築して本殿としている。


古い建物ですね。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

向拝(こうはい)が良いですね。
両脇に木製の仁王像が立っています。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

向かって右側の開口の阿形(あぎょう)像

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

左側の口を結んだ吽形(うんぎょう)像

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

天井に絵が描かれています。
薄くなって良く見えませんが、花が描かれているようです。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪

屋根を見ると金の鯱が!
桔梗(ききょう)の家紋です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 本殿 西都市岩爪


日陽山聖歓喜院黒貫寺
 郵便番号:881-0106
 所 在 地: 宮崎県西都市岩爪2050


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社・仏閣 (113)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┣ 宮崎の寺 (2)
 ┣ 宮崎の城 (1)
 ┣ 仏像 (3)
 ┣ 仏舎利塔 宮崎市 (3)
 ┗ 石仏・石塔 (17)

★hiroの部屋2★■神社・寺


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/12/13(水) 10:22:55|
  2. 宮崎の寺|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

日陽山聖歓喜院黒貫寺の参拝殿です。
とても立派な参拝殿です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

立派な御手洗(みたらい)です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

参拝殿石碑の下に黒貫寺由来が書かれています。

黒貫寺由来
 景行天皇と日本武尊が熊襲征伐のとき6年間ここにとどまったという旧跡で、天慶9年(946年)隆元和尚が開創したといわれる
 今から700年ほど前後宇多上皇の時は御願寺、花園院の時は勅願寺となり、歴代皇族の加護を受けて、伊東氏が都於郡を治めていた時代には日向国第一の寺院として栄えた。


御願寺(ごがんじ)
 天皇や皇后、上皇等によって建立された寺院や、申請によって天皇御願寺となった寺院

勅願寺(ちょくがんじ)
 時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことで、寺格の一つです。

 伊東氏の没落後も慶長8年(1603年)に入封した佐土原藩島津家の加護を受け、江戸時代には365石の寺領を有して、寺内に本堂経蔵宝物倉書院茶宴殿などの諸堂が建ち並び時運は隆盛した。
 しかし、明治7年(1874年)の火災により山門を残して堂宇すべてが焼失してしまい、明治9年(1876年)末寺である久峰寺から大悲殿を移築して本殿としている。


宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

参拝殿の彫り物です。
鳳凰でしょうか?

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

迫力のある木鼻ですね。
獏の像は邪気を払う力があると信じられていたので社寺建築には多くの獏の像が使われています。

向かって右側の開口の木鼻

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

左側の口を結んだ木鼻

木鼻(きばな)
 人々の悪夢を食べてくれるという獏の彫刻がみられますが、この部分を木鼻と言います。
 木鼻とは、木端ともあらわされるように、「木の端」を意味しています。
 複数の縦柱を横に貫いている柱(頭貫:かしらぬき)や虹梁(こうりょう)等の端に付けられた彫刻のことです。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

龍の海老虹梁(えびこうりょう)です。
細かい彫り物ですね。

左側の海老虹梁です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

右側の海老虹梁です。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

今にも飛んで行きそうですね。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

屋根を見ると逆立ちした獅子瓦が見えます。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪

鬼瓦も立派ですが、懸魚にも細かい彫り物がされています。

宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 日陽山聖歓喜院黒貫寺 参拝殿 西都市岩爪


「宮崎県文化財に関する指定・認定及び選定基準」を見ると、
第Ⅱ 個別基準
1 県指定有形文化財の指定基準
(7)建造物の部
 建築物(社寺、城郭、住宅、公共施設等)及びその他の工作物(橋梁、石塔、鳥居等)の各時代建築的遺構及びその部分並びに建造物の模型、厨子、仏壇等で建築的技法になるもののうち次の(ア)から(オ)までの一に該当するもの。ただし江戸時代以降のものについては特に代表的又は特殊的なもの
(ア) 意匠的に優秀なもの
(イ) 技術的に優秀なもの
(ウ) 歴史的価値の高いもの
(エ) 学術的価値の高いもの
(オ) 流派的又は地方的特色において顕者なもの
とありますが指定は難しいのかな~
その前に西都市が指定をしないと・・・
と、思うのでした。


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社・仏閣 (113)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┣ 宮崎の寺 (2)
 ┣ 宮崎の城 (1)
 ┣ 仏像 (3)
 ┣ 仏舎利塔 宮崎市 (3)
 ┗ 石仏・石塔 (17)

★hiroの部屋2★■神社・寺


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/12/12(火) 08:07:59|
  2. 宮崎の寺|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

西都市岩爪の県道325号線(福王寺佐土原線)沿いに黒貫寺(くろぬきじ)があります。
階段横に車を停め、階段を上って行きます。
大きな駐車場が左奥にありますが、この時は分かっていませんでした。
でもこの山門が見れたので、こちらから上って正解だったと思います。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

立派な山門です。
仁王像が立っています。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

仁王像
 像容は上半身裸形で、筋骨隆々としていて、阿形像は怒りの表情をあらわにし、吽形像は怒りを内に秘めた表情をあらわしています。こうした造形は、寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神としての性格を表しています。

向かって右側の開口の阿形(あぎょう)像

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

左側の口を結んだ吽形(うんぎょう)像

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

奥には木製の仁王像が立っています。
口を結んだ吽形(うんぎょう)像

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

開口の阿形(あぎょう)像

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

山門は、西都市の指定有形文化財に指定されています。

黒貫寺山門(くろぬきじさんもん)
江戸時代:1781年
四脚門、切妻造、桟瓦葺、両袖塀付
桁行総長3.778m、梁行総長3.669m
西都市指定有形文化財(建造物)
指定年月日:2021年3月31日
黒貫寺は天慶9年(946年)の創建と伝わっています。
山門の棟札から、天明元年(1781年)に再建されたものです。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

黒貫寺由来に、
 明治7年の火災により山門を残して堂宇すべてが焼失してしまい、明治9年、末寺である久峰寺から大悲殿を移築して本殿としている。
とあり、山門だけしか残らなかったんですね。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

彫り物があります。
獅子かな?

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

裏側です。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

彫り物が他にもありますね。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

竹ですね。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

こちらは、松ですね。

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪

これは桃かな?

宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪
hiroの部屋2 宮崎の寺 西都市指定有形文化財 黒貫寺山門 西都市岩爪


黒貫寺由来
 景行天皇と日本武尊が熊襲征伐のとき6年間ここにとどまったという旧跡で、天慶9年(946年)隆元和尚が開創したといわれる
 今から700年ほど前後宇多上皇の時は御願寺、花園院の時は勅願寺となり、歴代皇族の加護を受けて、伊東氏が都於郡を治めていた時代には日向国第一の寺院として栄えた。


御願寺(ごがんじ)
 天皇や皇后、上皇等によって建立された寺院や、申請によって天皇御願寺となった寺院

勅願寺(ちょくがんじ)
 時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のことで、寺格の一つです。

 伊東氏の没落後も慶長8年(1603年)に入封した佐土原藩島津家の加護を受け、江戸時代には365石の寺領を有して、寺内に本堂経蔵宝物倉書院茶宴殿などの諸堂が建ち並び時運は隆盛した。
 しかし、明治7年(1874年)の火災により山門を残して堂宇すべてが焼失してしまい、明治9年(1876年)末寺である久峰寺から大悲殿を移築して本殿としている。



↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社・仏閣 (113)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┣ 宮崎の寺 (2)
 ┣ 宮崎の城 (1)
 ┣ 仏像 (3)
 ┣ 仏舎利塔 宮崎市 (3)
 ┗ 石仏・石塔 (17)

★hiroの部屋2★■神社・寺


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/12/11(月) 08:56:19|
  2. 宮崎の寺|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

| ホーム |