fc2ブログ

★hiroの部屋2★

2005年5月スタート★hiroの部屋★が容量一杯となり★hiroの部屋2★へ! 写真大好き・車バイクを快適に!

佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの15時からの競技フライトが、風が吹いているため飛ぶのか分かりません。
時間がもったいないので、東与賀海岸のシチメンソウ群生地へやって来ました。
干潟よか公園があります。

干潟よか公園(ひがたよかこうえん)
 佐賀県佐賀市東与賀町に所在する公園です。
 昭和天皇最後の御幸地である東与賀海岸沿いにあり、有明海の東よか干潟に面しています。
 2004年(平成16年)に開園しました。
 有明海の干潟が一望できる東与賀海岸展望台や、海の紅葉とも言われる塩生植物「シチメンソウ」の自生地、海岸堤防を用いた干潟ギャラリーなどがあります。
 11月上旬には「シチメンソウまつり」も開催されます。
 佐賀県の認定する「22世紀に残す佐賀県遺産」にも認定されました。


干潟よか公園のすぐ東側に、九州佐賀国際空港があります。
飛行機が離陸していきます。

佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町


佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町

潟にはムツゴロウがいます。

ムツゴロウ(鯥五郎、学名 Boleophthalmus pectinirostris )
 スズキ目・ハゼ科に属する魚の一種です。
 潮が引いた干潟の上で生活する魚として知られ、有明海・八代海を含む東アジアに分布しています。
 有明海沿岸ではムツ、ホンムツなどと呼ばれています。
 軟泥干潟に1mほどの巣穴を掘って生活します。
 満潮時・夜間・敵に追われたときなどは巣穴に隠れますが、昼間の干潮時には巣穴から這い出て活動します。
 干潟では胸びれで這ったり、全身で飛び跳ねて移動します。


佐賀の魚 東与賀海岸のムツゴロウ 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のムツゴロウ 佐賀市東与賀町


佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町

遠くに、六角川大橋が見えます。

六角川大橋
 福岡県大牟田市から佐賀県鹿島市までを結ぶ有明海沿岸道路 (地域高規格道路) の一部で、一級河川六角川を跨ぐ橋梁です。


佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町


佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町
hiroの部屋2 佐賀の花 東与賀海岸のシチメンソウ群生地の紅葉 佐賀市東与賀町

シチメンソウ
 ヒユ科の一年草です。
 ケイトウという植物の仲間になります。
 干潮時には陸地となり、満潮時には海水に浸るような環境に生育し、絶滅が危惧されている貴重な塩生植物です。
 干満の差が大きな有明海はシチメンソウが自生するのにちょうどよい環境なのではないでしょうか。
 生長の過程で色の変化がみられ、秋季に鮮やかな紅紫色となり、海岸を真っ赤に染め上げます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2023/11/02(木) 16:12:04|
  2. シチメンソウ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

| ホーム |